おけいこ
まほうの保育園の“おけいこ”は、すべて無料で受けることができます。
豊富な“おけいこ”で子どもの可能性を広げていきます。
英語
リトミック
ダンス
粗大運動
微細運動
食育
アート・クラフト
知育カード遊び
絵本・紙芝居
その他
英語
乳幼児期は、どんな音域の言葉でも聞き分けることができるということが、様々な研究から明らかになってきており、この時期に英語と触れ合うことで、英語の複雑な母音も聞き分けができるようになると言われています。だからこそ、まほうの保育園では、乳幼児英語教育の経験豊富なネイティブの先生と本物の英語で触れ合う時間を大切にしております。毎日、歌やゲームなどを織りまぜた楽しいレッスンを0歳から行い、ネイティブの先生が保育活動にも参加することで、英語を身近なものにしていきます。
リトミック
リトミックとは、19世紀の末から20世紀初頭にかけて、スイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック・ダルクローズが、開発した音楽教育の手法です。全身を使って音楽を表現し、聞く耳を育て、様々な感性を高めます。聴感覚は、脳の成長に大変大きな影響があることが実証されていることから、リトミックによって身体と聴覚を育てることは、乳幼児期の成長に非常に大切だと言われています。まほうの保育園では、楽しい音楽がかかるとつい体が動いてしまうような子ども達のワクワクする気持ちを大切にし、楽しみながら自ら進んでやりたいと思うようにカリキュラムを構成していきます。
ダンス
ダンスを取り入れることで、リトミックで身につけたリズム感をより向上させることができます。さらに、子ども達は、ダンスを覚えるために集中力、みんなで踊る楽しさを知りながら協調性、身体全体を使った表現力、覚えたダンスを発表することで自分への自信など、多くのことが自然と楽しみながら身についていきます。また、平成24年度から中学校ではダンスが必須科目となり、今、注目されている体育カテゴリーの一つです。
粗大運動
乳幼児期は、運動発達と知能発達は並行すると言われています。このことは、乳幼児期の運動発達がいかに重要であるかを強調しています。まほうの保育園では、全身を使った粗大運動の時間を大切にしており、外遊びだけではなく、英語、リトミック、ダンスなどにも基礎的な粗大運動発達の促進につながるようなプログラムを取り入れております。毎日の粗大運動の時間は、1歳から1時間以上、3歳以上になると2時間にも及びます。
微細運動
微細運動とは、手を使用するような小さな筋肉の調整による運動です。単なる運動発達ではなく、認知の発達や好奇心などとも関係しています。まほうの保育園では、全身を使った粗大運動だけではなく、微細運動も大切にしており、制作活動、食育活動、ルーピングなどの自由遊びで使用する玩具などを通して、0歳から積極的に微細運動発達の促進につながるようなプログラムを取り入れております。
食育
食育は、心身の健康の基本となり、古くは明治時代の料理小説『食道楽』(村井弦斎)・秋の巻に、「小児には、徳育、知育、体育よりも食育が先」とあり、子どもに対する食教育の重要性が説かれています。まほうの保育園でも、乳幼児期からの食育を大切にしており、食べることだけではなく、食に関する様々なことに興味を持てるように、野菜を育てたり、おやつを作ったり、食が力になることを学んだり、子どもが食事の時間を大好きになり、健康的で楽しく食事ができるように導いていきます。
アート・クラフト
まほうの保育園では、毎月アートやクラフトなどの制作活動を行い、1か月でひとつの作品を完成させます。手先の発達や子どもの知的好奇心を育てるだけではなく、少しずつ完成させていくことで、積み重ねる大切さや達成感も得られます。また、七夕やハロウィンやクリスマスや節分などの季節に合わせた制作を行うことで、様々な文化に興味が持てるように導いていきます。
知育カード遊び
まほうの保育園では、様々な知育プログラムを取り入れていますが、そのひとつとして、子どもの“自らやってみたい気持ち”が自然と知育となるように、様々な“かるた遊び”を取り入れています。ひらがな、アルファベット、国旗、地図記号、ことわざ、歴史人物などの“かるた遊び”をすることで、自ら積極的に楽しみながら様々なことに興味を持ち、覚えることができるようになります。
絵本・紙芝居
まほうの保育園では、絵本や紙芝居などの読み聞かせを毎日欠かさず行っております。読み聞かせをすることは、先生とのコミュニケーションを深める意味でも大切にしております。また、聞いている子どもの脳は、言葉を受け持つ左脳とともに、動物では天敵から逃げる(危険を回避する)時に働く辺縁というところが、活発に働くようになることが分かっています。この読み聞かせによって刺激される部分は、本能的な喜怒哀楽をつかさどる部分であり、「心の脳」とも呼ばれるほど大切な部分です。また、実際に体験できないことを、絵本などを通して興味を持ったり、登場人物に共感することで、的確な判断力が身につき、表現・感情も豊かになります。まほうの保育園では、色々なことに興味を持ってほしいという思いから、150種類以上の絵本や紙芝居などを用意しております。
まほうの保育園にはない“おけいこ”に行く
お昼寝などの時間に、ほかの“おけいこ”に行くことが可能です。
主な送迎可能な“おけいこ”は以下のようになっております。

  ●幼稚園受験対策教室
  ●体操教室
  ●サッカー教室
  ●バレエ教室
  ●ピアノ教室

※そのほかご希望の“おけいこ”がございましたらご相談ください。

まほうの保育園では、保育を希望される園児を募集しております。ご見学のご希望やご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。土日祝日も開園しております。TEL03-3471-7731
メールでのお問い合わせ
このページのTOPへ HOME 保育内容 おけいこ 取り組み サービス 他園との違い 保育料金 一日の流れ アクセス よくあるご質問 お問い合わせ WEBカメラ 写真購入 ご意見・ご要望 採用情報 先生ブログ 会社概要 個人情報保護 サイトマップ 園紹介Facebook お知らせTwitter 会社概要 プライバシーポリシー サイトマップ まほうの保育園|保育園・託児所|港区・品川・芝浦・港南の保育園 メールでのお問合せはこちらから